ペニス増大

【リスク高すぎ】ペニス増大手術の効果とメリット・デメリット

「短小ペニスで切実に悩んでいる」
「ペニス増大手術を検討しているけど踏み切れない」

ペニス増大手術は簡単に巨チンになれる夢のような手術。とはいえ、手術まで踏み切れない人のほうが圧倒的に多いはずだ。

実際にどのような効果が得られ、どのようなリスクが存在するのか。ペニス増大手術について見ていこう。

ペニス増大手術には5つの種類がある

ペニス増大手術は5種類あり、目的によって3つに分けられる。

  1. サオを長くする
  2. サオを太くする
  3. カリを太くする

それぞれ費用も異なり、メリット・デメリットもある。

サオを長くする手術

サオを長くする手術は3種類ある。

  • 切る長茎術
  • 切らない長茎術
  • 脂肪吸引長茎術

切る長茎術

ペニスの根元はワナ靭帯と呼ばれる、細い糸のような組織で恥骨と繋がっていて、ペニスの大半は体内に埋もれている。

このワナ靭帯を切ってしまえば、埋もれている部分のペニスが体外に引き出すことができ、ペニスを伸ばせる。

ペニスを引き出すことから、ドローアウト法と呼ばれることもある。

メリット

  • 4~8cmほどの増大効果(中には10cm以上のツワモノも)
  • 効果は半永久的
  • 切り離した靭帯が癒着する際に強くなるため、勃起力が上がる
  • 軽い包茎なら治るケースも

デメリット

  • 傷跡が残る(根本に3cm程度)
  • 2~4週間はSEX禁止
  • つっぱり感(人による)
  • 痛み(人による)

手術は60分程度で終わり、その日に家に帰ることがでできる。費用は30~50万程度。

体内に吸収される吸収糸を使用した手術にすれば抜糸の必要もない。

切る長茎術
増大効果+4~8cm
持続性半永久的
傷跡根本に3cm程度残る
セックス2~4週間は禁止
オナニー直後からOK
手術時間60分以内
入院必要なし
通院抜糸のみ
料金30~50万円

切らない長茎術

ワナ靭帯を切らず、特殊な糸を使って引き出して固定する方法。

埋没式長茎術、無切開固定法、ノンカット法、ミニマムカット法などとも呼ばれている。

クリニックによって呼び方も費用も方法も異なる。

メリット

  • 2~5cmほどの増大効果
  • 傷跡が残らない
  • ダウンタイムなし
  • 料金が安い(10~15万円)

デメリット

  • 糸が切れると元どおり
  • デブると効果が弱まる
  • 真性包茎・重度の仮性包茎は効果が低い

手術は20~30分程度で終わり、その日に家に帰れる。費用は10~15万円程度。

切らない長茎術
増大効果+2~5cm
持続性半永久的
傷跡根本に2箇所くぼみ(自然と治る)
セックス直後からOK
オナニー直後からOK
手術時間30分以内
入院必要なし
通院必要なし
料金10~15万円

脂肪吸引長径術

太っているとペニスが脂肪に埋もれて短く見える。これを解消するのが脂肪吸引長茎術。下腹部脂肪吸引式、サクション式とも言う。

具体的には恥骨の上部分の脂肪を吸引してペニスを引き出す方法だ。

脂肪を吸引するだけだからペニスの長さ自体は変わらない。ペニスが長く見えるようになる。

メリット

  • お腹の肉がなくなり大きく見える
  • 傷跡はほとんど残らない

デメリット

  • ペニスは長くなっていない
  • 再び太ると元どおり
  • 均一に吸引できずボコつく

手術は20~40分程度で終わり、その日に家に帰れる。費用は30~50万程度。

体内に吸収される吸収糸を使用した手術にすれば抜糸の必要もない。ただし、1週間程度は吸引部を圧迫固定する。

脂肪吸引長径術
増大効果0cm
持続性太るまで
傷跡目立たない箇所に5mmほど
セックス3週間は禁止
オナニー直後からOK
手術時間20~40分
入院必要なし
通院抜糸のみ
料金30~50万円

サオを太くする手術

陰茎増大術

陰茎増大術はサオを太くするための手術。勃起時のみならず、通常時のサイズも増大する。

ヒアルロン酸や自分の体から採取した脂肪などをサオに注入する。ペニスが刺激に強くなるので早漏の改善にも有効だ。

ただし注入する成分によっては、すぐに体内に吸収されてしまう。長く効果を持続させたいのであればヒアルロン酸よりもバイオアルカミドなど持続力の高い材質を選ぼう。

費用は5万円~20万円で、効果が持続する成分を使うほど費用が高くなる。

カリを太くする手術

亀頭増大術

亀頭増大術は亀頭(カリ)を大きくする手術。

長さがなくても、カリが立派だとペニスが大きく見える。ドリチンや仮性包茎で悩んでいる人にも最適だ。

カリ高になると女性のGスポットを刺激しやすくなるので、女性を満足させやすくなる。

自分の体から採取した皮や脂肪や、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する。

クリニックによって施術方法が異なり、施術方法によって金額が大きく変わり、手術時間は10分程度で終わる。

成分によっては注入したものが比較的早い段階で体内に取り込まれてしまう。

ヒアルロン酸やコラーゲンはだいたい半年程度、アクアミド、脂肪、バイオアルカミド、スーパーヒアルロン酸は数年持つと言われているが、個人差も大きい。

長く持つ成分を使うと費用が高くなる。体内に吸収されやすい成分を使うなら5万程度、長く持つ成分を使えば20万程度と、価格には幅があるす。

シャレにならないペニス増大手術のリスク

ちんこが大きくなる夢のような手術だが、現実にはリスクもある。

注入は壊死するリスクが高い

ヒアルロン酸や脂肪など、ペニスに注入する手術は壊死するリスクが高く、年間10件程度の訴訟が起きている。

ペニスは海綿体という筋肉とその中を流れる血管でできている。

その血管の中にヒアルロン酸や脂肪といった異物が入ってしまうと、血管が詰まり、最悪の場合ペニスが腐ってしまうのだ。

ペニスの形がいびつになる

これも注入系の手術だが、ヒアルロン酸や脂肪を注入しても、均一に広がらずにいびつな形になってしまうケースもある。

また、いずれ吸収される場合も一律に吸収されるわけではなく、早く吸収されるところ、遅く吸収されるところができてしまい、凸凹とした形に残るケースもあります。

注入系(亀頭増大術・陰茎増大術)はリスクが高く注意が必要

実際に訴訟も行われています。

男性器が壊死、美容形成外科医を提訴 性器増大の手術失敗 千葉地裁

男性器を増大させる手術を受けたが失敗し、排尿などが困難になるなどの損害を受けたとして、50代の男性が手術を行った同県船橋市内の美容外科クリニックを相手取り、慰謝料など計約2億4千万円を求め千葉地裁に提訴した。訴状などによると、男性は平成27年10月、男性器を増大させるために、充填剤を注入するなどの施術を受けた。

産経ニュース

カズ博多クリニックの平山和秀先生によると、上記のクリニックは名称を変えて同様の亀頭増大手術を繰り返しているという。闇が深い。

ペニス増大手術をするならこのクリニック

ペニス増大手術は経験と実績のあるクリニックで受けないと危険だ。

国内で実績が十分なクリニックを掲載する。

ペニス増大手術を受けるかどうか迷ったら

ペニス増大手術を受けるべき人

  • どうしてもすぐに増大したい
  • 手術に抵抗がない
  • 高額な治療費を払っても問題ない

効果の出方には個人差があること、リスクもあることを把握した上であれば、ペニス増大手術は効果も高く魅力的だ。

ペニス増大手術を受ける場合は値段で決めるのではなく、クリニックの評判や術後のサポートや症例数などを良く調べてからにしよう。

-ペニス増大

画像の右クリックは禁止しています