メール攻略法

【ザイオンス効果】メールで女の子の好感度を上げる秘訣

好感度バツグンのファーストメールが書ければな...

ファーストメールだけで高い好感度を得るのは難しい。難しいどころかほぼ無理だろう。だが最初がマイナスでない限り挽回できる。

むしろ好感度を徐々に上げられるのがメールをやり取りする醍醐味だ。

社会心理学の単純接触効果(ザイオンス効果)をご存知だろうか?

接触回数や接触する頻度が多ければ多いほど、接触している対象へ好印象を持つようになる現象のことだ。

taichi

なんとも思っていなかった相手でも、毎日顔を合わせていると好印象を持つようになる

たとえば、普段使っているコンビニの店員になんとなく親しみを覚えたり、CMで繰り返し見るたび商品に好印象を持つようになったり。

この心理学を出会い系サイトのメールのやり取りに活用することで、メールをしているうちに好感度が上昇していく。

単純接触効果をメールに活用する

相手に自分を好印象な人間として印象付けたいのなら、何度も相手に会いにいく、一緒の空間になるべく居続けることが大切だ。

これをメールで活用する。

他愛無いメールを毎日やり取りするだけで好感度は上がっていく。

なぜなら出会い系サイトのメールは有料だからだ。他愛無いメールをやり取りしてくれる男性はいない。

taichi

すぐに会いたがったり、LINEやカカオに移行したがる男ばかり

だからこそ毎日メールのやり取りをするだけで、相手はあなたへの親密さを感じ、好感度が上がっていく。

単純接触効果の注意点

単純に接触回数を増やせば好感度は上がっていくが、2つ注意点がある。

  1. 最初の印象が悪いと、悪い印象を助長する
  2. 10回程度が限界

最初の印象が悪いと、悪い印象を助長してしまう

最初の印象が最悪なら、接触回数を増やしても「嫌い」というイメージが上書きされていくだけだ。

嫌いな相手とはなるべく顔を合わせたくないし、話もしたくない。にも関わらず空気を読まずにグイグイ来られると、余計に心の距離が広がる。

最悪の出会いから2人の距離は徐々に縮まり...... というのはドラマの中だけの夢物語。ファーストインプレッションの悪いイメージを覆すことは難しい。

そのため、最初は良い印象を与えようとするよりも、悪い印象を持たれない無難な対応をすることがポイントだ。

悪い印象さえ持たれなければ、単純接触効果を十分に発揮できる。

好感度上昇キャンペーンも10回が限度

接触を繰り返していくことで上昇する好感度のピークは10回目と言われている。それ以降は何度接触しても対して印象は変わらない。

これまで様々な研究者がザイオンス効果の検証を行った結果、10回と結論付けられた。信憑性の高い数値といえる。

つまり、チャンスは相手と初めて会ってから、10回目までのやり取りまでということだ。

この間に自分を積極的にアピールして、相手に良い印象を持ってもらうことが勝負の分かれ道となる。

taichi

そもそも10回やり取りしても出会えないなら、もうその女性は見限ったほうがいい

まとめ

単純接触効果をメールに取り入れることで、好感度を上昇させ、出会いやすい状態へ持っていくことができる。

そのために、最初は好かれるメールよりも、嫌われないメールを送ることが大切だ。嫌われてしまうと取り戻すことは難しい。

ファーストメールで嫌われないことに成功したら、あとは単純接触効果に従って、毎日のようにメールのやり取りを始めよう。

ただし、単純接触効果のピークは10回目で、それ以降は何度メールをしても好感度は一定のまま上昇することはない。

出会い系サイトのメールは有料なのだから、10回メールのやり取りをしても出会えない女性は見限ったほうがいい。

普通の女性と思って楽しく話していたらキャッシュバッカーだった可能性もある。

10回までは好感度が上がると考えるのではなく、2回目以降は好感度が上昇していくわけだから、積極的に少ない回数で出会えるように仕掛けよう。

-メール攻略法

画像の右クリックは禁止しています