性の悩み

ちんこが黒いと性欲強いって本当?真相と黒くなる理由・治す方法

「ちんこが黒いと性欲が強い」「ちんこが黒いとヤリチン」って聞いたことあるだろう。まるで都市伝説のようにまことしやかに語られているが真相はどうなのだろうか。

taichi

結論から言うと、性欲は強いけどヤリチンではない

乳首やマンコが黒い女は遊んでる。これは大きな誤解で、女性の黒ずみは女性ホルモンの量や下着などの摩擦刺激によるものだ。

同じようにチンコが黒くなるのもセックスが原因ではなく、メラニン色素の分泌量と摩擦刺激が原因だ。

今回の記事ではちんこが黒くなる原因、そして女性は黒チンをどう思っているのか、黒ずみの解消法などを紹介する。

ちんこが黒くなる理由はメラニン色素、オナニーなどの摩擦

ちんこが黒くなる理由は諸説あるが、有力説は2つ。

  • メラニン色素の分泌
  • 摩擦による刺激

メラニン色素の分泌

メラニン色素の分泌量に影響を与える要因

  1. 環境
  2. 遺伝
  3. 男性ホルモン

日焼けで肌が黒くなるように、皮膚はメラニン色素が分泌されると濃く、黒くなる。ちんこも例外ではない。

taichi

日サロで真っ裸で焼けばチンコも黒くなる

メラニン色素には紫外線を防ぐ効果があり、太陽光が強い地域の人は身を守るためにメラニン色素が多く分泌される。地域によって肌の色が違うのはメラニン色素の影響だ。

taichi

環境で黒くなるのはわかるけど、日本在住の黒人の子供も黒いのはなぜ?

実は、生まれた時点のメラニン色素の量は白人も黒人もほとんど違いはない。しかし、遺伝によってメラニン色素の生産量の違いがあるから肌の色が両親の影響を受ける。

taichi

環境でも遺伝でも黒くなるってことか

環境、遺伝とは別に、男性ホルモンの影響でも黒くなる

男性ホルモンのアンドロゲンには、メラニン細胞と反応してチンコや乳輪の皮膚を黒ずませるという特徴がある。

思春期に男性ホルモンは多く分泌されるため、この頃から自然と黒くなっていく。

また、歳をとるとメラニン色素の分解量が低下して黒くなる

若い頃は肌のターンオーバー(生まれ変わり)が活発なのでメラニン色素の分解も正常に行われるが、歳をとるごとに分解能力が低下する。歳をとるとシミが増えるのはこのため。

摩擦による刺激

摩擦刺激の代表例は下着の擦れ。だが男性にはもう1つ頻度の高い摩擦刺激がある。そう、オナニーだ。

オナニーを頻繁に行うと、摩擦の刺激でちんこは黒くなる。

「ヤリチンは黒くなる」と言うが、実際はセックスでは黒くならない。

挿入もフェラも愛液や唾液で適度な摩擦に抑えられるため、メラニン色素を分泌させないからだ。

しかしオナニーは違う。

ローションを使ってない限り、摩擦によって激しく刺激を受け、メラニン色素の分泌が盛んになる。

taichi

オナニーし過ぎ=性欲が強い

思い当たる節がありすぎる(笑)

コロンビア大学の皮膚科専門医リンゼイ・ボルドーネ氏によると「慢性的な摩擦で皮膚は厚くなり、時間が経つと皮膚が強くなりうっすらと黒ずむ」そうだ。

ちんこが黒い…実は女性は何とも思っていない

ちんこの黒さで悩んでいるなら朗報だ。女性はチンコの色を全く気にしてない。

エルシーラブコスメティックが運営するラブリサーチで「女性が求める理想のあそこ像」を女性600人にアンケート調査を行った結果を見てみよう。

最も重要視しない要素

出典:ラブリサーチ

最も重要視しない要素の第1位が「色」だ。行為中は暗くするから当然だろう。

反対に重視するポイントは硬さ、太さ、長さだった。こちらのページにまとめているので興味があれば読んでほしい。

【ちんこを硬くする方法】勃起力を維持して鋼鉄ペニスを手に入れる

最近ちんこがガチガチに硬くならない勃起の持続力が悪くなった朝立ちの頻度が減った気がする 女性は硬いちんこが大好きだ。しかし30歳を過ぎると勃ちが悪くなってくる。 EDまではいかなくても、若かりし頃のよ ...

続きを見る

色を気にする女性は少数派だったが、

  • 黒いほうが男らしい
  • たくましく感じる

と、ちんこが黒いほうが評価が高い意見も多かった。

taichi

チンコの黒さは気にしなくてOK

ちんこの黒ずみを治す方法

女性はちんこの黒さを気にしないとわかっても、気になる人は気になるはず。黒ずみを解消してちんこを白くする方法もある。

  • 美白治療
  • 美白化粧品

美白治療

美白治療とはペニスを美白するレーザー治療のことだ。日本では行われていないようだが、タイでは性器の美白がブームになるほど人気の治療なのだとか。

レーザー5回で約77,000円ほど。複数回の渡航費も考えると現実的には厳しい。

最近よく聞く美白点滴というのもある。元AKBの指原莉乃が行っていることで有名になった美白点滴だが、全身を美白するためチンコだけピンポイントで白くすることはできない。

美白化粧品

美白化粧品と言ってもドラッグストアで購入してきて塗るわけではない。彼女や奥さんが毎日必死に使っているが白くなっているだろうか。

いや、決して無駄な努力と言いたいわけではない。チンコに使うのは美白を謳った化粧水などではなく、デリケートゾーン専用の美白クリームだ。

女性用の商品だが、メラニンを抑えて肌を整えるものだから男性が使っても問題ない。

どういう商品を選べばいいのかわからないと思うが、下の3点を備えている商品ならどれでも大丈夫。

  • デリケートゾーン専用
  • トラネキサム酸を配合
  • 保湿重視

性器の色を男性以上に気にしている女性の間で一番売れている商品が「イビサクリーム」。これを買っておけば間違いない。

イビサクリーム

  • ブラジリアンワックス専門サロンが開発
  • 厚労省認可の美白成分「トラネキサム酸」配合
  • 肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸2K」配合
  • 医薬部外品で安心
  • 植物エキスや8種の保湿成分で保湿も十分
  • 無添加で肌に優しい

少々値は張るが効果は抜群だ。定期購入で最低2回の購入が必要なので注意しよう。

まとめ

ちんこが黒い理由は、日焼けや摩擦でメラニン色素が定着して黒くなるから。

セックスでは愛液のおかげで摩擦が少なく、黒くなることはない。だからチンコが黒い=ヤリチンという図式は成り立たない。

それに、女性はちんこの色をまったく気にしておらず、逆に「ステキ」と思う人もいるほど。だから気にする必要は全くない。

それでも気になる方は、白くする方法として「美白治療」「美白化粧品」を試してみるといいだろう。

-性の悩み

画像の右クリックは禁止しています