【ヒゲ脱毛の種類と過程】施術過程・効果・費用を徹底解説!

ヒゲ脱毛は、多くの男性が日々の手入れから解放され、清潔で整った印象を保つために選ぶ美容施術の一つ。しかし、

  • ヒゲ脱毛にはどのような方法があるの?
  • レーザー?光?それぞれの脱毛法はどのような特徴や効果があるの?
  • 施術の流れや費用、リスクはどうなの?

という疑問を抱える方も多いだろう。

この記事では、ヒゲ脱毛の基礎知識をわかりやすく解説し、各脱毛法の特徴や施術の過程、効果、費用について詳しく徹底解説する。

あなたがヒゲ脱毛を検討する際の判断材料として、また、既に脱毛を始めているなら、もっと深く理解してもらえる内容となっている。

目次

ヒゲ脱毛の種類と比較

ヒゲ脱毛には、主に3種類の方法が存在する。それぞれの脱毛法には、異なるメカニズムと適用ケースがあり、個々のニーズや条件によって最適な方法は異なる。

このセクションでは、主要なヒゲ脱毛法のメカニズム、特徴、効果について解説する。

  • レーザー脱毛
  • 光脱毛
  • 針脱毛
  • 各脱毛法の違い

レーザー脱毛(医療脱毛)

レーザー脱毛は、特定の波長のレーザー光を用いて毛根を破壊し、脱毛を実現する方法。この方法は、永久脱毛の効果が期待でき、多くのクリニックで採用されていて、現在ヒゲ脱毛の主流となっている。

レーザー脱毛にも「熱破壊式」と「蓄熱式」の2つのタイプが存在する。

熱破壊式

熱破壊式は、レーザー光を毛根に集中させ、その熱で毛根を直接破壊する方法。この方式は、即座に高い熱を発生させるため、一回の施術で効果が見込める。

ただし、熱を利用するため、皮膚へのダメージリスクがあり、痛みも強い。

剛毛なヒゲ脱毛に向いているのはこちらの熱破壊式。だからヒゲ脱毛は「激痛」だと評価されている。

メリット
デメリット
  • 脱毛効果を実感しやすい
  • 短期間で永久脱毛できる
  • とにかく激痛
  • 産毛には効きにくい

蓄熱式

蓄熱式は、毛根に緩やかに熱を蓄え、毛根を徐々に破壊する方法。熱破壊式に比べて肌へのダメージが少ないため、敏感肌の方や肌の色が濃い方に適している。

ただし、弱いダメージを与え続ける方法なので、複数回の施術が必要となる。

メリット
デメリット
  • 痛みを感じにくい
  • 産毛にも効果的
  • 脱毛効果を感じにくい
  • 歴史が浅く、永久脱毛効果は不明

熱破壊式・蓄熱式の比較

熱破壊式蓄熱式
効果実感1回複数回
痛みあるほぼない
費用大差なし
施術回数少ない多い
メリット効果を実感しやすい
短期間で永久脱毛
産毛にも効果的
痛みが弱い
デメリット痛みが強い
産毛は苦手
効果が弱い
永久か不明

光脱毛(IPL脱毛)

エステで行われる光脱毛は、多くの波長の光を用いて毛根を破壊する脱毛法。この方法は広範囲を一度に脱毛できるため、効率的な脱毛が可能となる。しかり、レーザーよりも出力が弱く、完了までに多くの回数を要するうえに、定期的に脱毛しないと再び生えてくる

※家庭用脱毛器のほとんどは光脱毛を採用している。

針脱毛(ニードル脱毛/美容電気針脱毛)

一部のクリニック・エステで行われている針脱毛は、毛穴に細い針を挿入し、電気を流して毛根を破壊する脱毛法。この方法は一本一本の毛に対して丁寧に処理を行うため、時間がかかるが、上記2つの脱毛方法が効果的でない場合、白髪などの色素の少ない毛に対しても確実な脱毛効果が期待できる

各脱毛法の違い

それぞれの脱毛法をまとめると、このようになる。

※レーザー脱毛は蓄熱式の特徴

スクロールできます
レーザー脱毛光脱毛針脱毛
効果
永久脱毛

減耗

永久脱毛
パワー
高出力

低出力
痛み
激痛

やや痛い

激痛
費用
リーズナブル

リーズナブル

高額
セルフケア減少
5回前後

12回前後

5回前後
無処理
10回前後

24回前後

10回前後
持続性
2割ほど復活

8割ほど復活

永久に生えない
安全性・リスク
医療機関のみ

資格不要

資格不要
施術者
医療従事者のみ

資格不要

資格不要
アフターケア
医療だからトラブルにも迅速に対応

トラブルに対応できず

非医療機関はトラブルに対応できず

施術の流れ:カウンセリングからアフターケアまで

ヒゲ脱毛を受ける際のプロセスは、カウンセリングから始まり、施術、アフターケアに至るまで、いくつかのステップに分かれている。

このセクションでは、それぞれのステップで何が行われ、どのようなポイントが重要であるのかを詳細に説明する。プロセス全体を理解し、施術を受ける準備ができるだろう。

  • カウンセリングの重要性
  • 施術の進行:レーザー脱毛の手順
  • アフターケアのポイント
  • メンテナンスとフォローアップ

カウンセリングの重要性

カウンセリングは、ヒゲ脱毛の施術前に行われる重要なステップだ。患者の肌の状態、毛質、健康状態、脱毛を希望する範囲、過去の医療歴などを詳細に評価する。

最適な脱毛方法とプランを決定し、あなたの期待と施術可能な結果とを調整する機会となる。

評価のポイント

  • 肌のタイプと色
  • 毛の太さと密度
  • 患者の病歴やアレルギー歴

期待値の明確化

カウンセリングでは、あなたの期待値を明確化する。施術によって得られる可能性のある結果、施術の回数、施術後のケアについて具体的な情報を得ることができる。

不明確だった施術に対する不安が和らぎ、施術に対する明確な期待が持てるようになる。

施術プランの作成

専門家は、カウンセリングの結果を元に、あなたに最適な施術プランを提案する。これには、推奨される脱毛方法、必要な施術回数、セッションの間隔、施術のコストが含まれる。

クリニックとの契約

カウンセリングが終了し、あなたが施術プランに同意した場合、クリニックとの契約が結ばれる。契約内容には、施術の詳細、費用、キャンセルポリシーなどが明記されている。

このカウンセリング段階は、あなたが施術に向けて十分に情報を得て、安心して施術を受けるために非常に重要です。また、クリニックとのコミュニケーションが円滑に行われ、予期せぬ誤解やトラブルを防ぐ役割も果たす。

施術の進行:レーザー脱毛の手順

施術の進行についての詳細を知ることで施術に対する理解を深め、不安を軽減できる。

以下では、レーザー脱毛の手順に焦点を当て、施術の進行について具体的に説明していく。

STEP
施術前の準備
  • 施術領域の毛を剃る。
  • スキンチェックを行い、皮膚の状態を確認する。
  • 施術領域を清潔にし、必要であれば麻酔の準備をする。
STEP
レーザー照射
  • 適切なレーザー機器を選択し、パラメータ(出力、パルス幅など)を設定する。
  • レーザーを施術領域に照射し、毛包を破壊する。
  • 照射中、保護メガネを着用し、肌に冷却ジェルや氷袋を当てることで痛みを軽減できる。
STEP
施術後のケア
  • 施術後、肌を冷やし、炎症を抑える、
  • 指示に従い、適切なスキンケアを行う。
  • 避けるべき行動(直射日光の避ける、刺激物質の使用を避けるなど)についてのアドバイスが与えられる。

このレーザー脱毛の手順を理解し、適切な準備とアフターケアを行うことで、施術の効果を最大化し、副作用のリスクを最小限に抑えることができる。

もし、施術に対する不安や疑問が残る場合は、クリニックに相談しよう。

アフターケアのポイント

アフターケアは、施術後の肌トラブルを防ぎ、脱毛効果を最大化するために不可欠だ。以下に、アフターケアの主要なポイントを紹介する。

冷却

施術直後、肌は敏感になっていますので、冷却パックなどで冷やす。肌の赤みや腫れを早く治めることができえう。

保湿

施術後の肌は乾燥しやすいため、無香料・無着色の保湿クリームやローションを使用して、こまめに保湿しよう。

ヘパリン類似物質ローションやヒルドイドローションを処方してもらえるなら、処方してもらうことをおすすめする。

ヘパリン類似物質ローション
ヘパリン類似物質ローション
ヒルドイドローション
ヒルドイドローション

日焼け止めの使用

施術後、特に1~2週間は、皮膚が日光に対して非常に敏感になっている。外出する際は、SPF30以上の日焼け止めクリームを塗布して、さらにマスクをし、直射日光を避けること。

適切なスキンケア製品の選択

避けるべきはアルコール成分が含まれる製品や刺激の強い製品。敏感肌用、またはアレルギー検査済みの製品を選ぶことが望ましい。

おすすめは「菊正宗 日本酒の化粧水」だ。セラミドが含まれているのに大容量でコスパが抜群に優れている。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

摩擦や圧迫を避ける

施術部位は摩擦や圧迫を避けよう。ヒゲなので衣類でこすれることはないが、タオルをゴシゴシと拭かないように気をつけること。

適切なスキンケアの継続

アフターケアは施術後だけじゃなく、脱毛が完了するまで継続的に行おう。保湿はオッサンには必要不可欠なので、そのまま習慣化して、一生続けてしまおう。

不調が続く場合の医師の診察

赤み、腫れ、痛みなどの不調が数日以上続く場合、または症状が悪化する場合は、直ちに医師に相談しよう。

メンテナンスとフォローアップ

メンテナンスとフォローアップは、脱毛治療の効果を長持ちさせ、未来の肌の健康を保つために重要だ。

次回の予定確認

ヒゲのレーザー脱毛は1回で終わりではなく、複数回を必要とすることが多いので、次回の施術日を確認してスケジュールを立てることが重要だ。

忙しいビジネスマン。そんな1ヶ月も先の予定など確定できないが、ここで枠を押さえておかないと、人気のクリニックでは予約が困難になる。

日頃のスキンケア

施術後も日常のスキンケアを続けることで、肌の健康を維持し、脱毛効果を最大限に活かすことができる。特に保湿と日焼け止めの使用は欠かせない。

ライフスタイルの見直し

健康的な食生活、十分な睡眠、ストレスの管理など、日常のライフスタイルを見直すことで、肌の状態を良好に保つことができる。

生活習慣の乱れは毛周期の乱れにつながる。意外と脱毛効果に影響するから侮れない。

ストレスや睡眠不足・暴飲暴食によって生活習慣が乱れると、毛周期も一緒に乱れてしまいます。生活習慣が乱れた状態では、せっかく毛周期に合わせて脱毛に通っても思ったような効果は得られません。

ルシアクリニック

医師やスタッフとの連絡

施術後の肌に異常や不調を感じた場合は、速やかに治療を行ったクリニックやサロンのスタッフに相談することが大切だ。忙しさにかまけて放っておくのはやめよう。

施術の効果と持続性

各脱毛法の効果やその持続性について詳しく見ていこう。

  • 効果の程度
  • 効果の持続性
  • 効果の期間

効果の程度

レーザー脱毛高い効果が期待でき、正確な施術と適切なアフターケアによって、長期間滑らかな肌を保てる。
光脱毛効果には個人差があるが、複数回の施術で顕著な効果が得られることも。ただし、レーザー脱毛と比べて、持続性に劣る。
針脱毛確実な効果が得られるものの、時間と費用がかかる。

効果の持続性

レーザー脱毛効果は基本的に永続的。ただし、完全に永久脱毛ではなく、数年後に20%くらいは生えてくる可能性が高い。
光脱毛脱毛ではなく減耗なので持続性は低め。定期的なメンテナンスをしないと直ぐに生えてくる。
針脱毛ほぼ完全に永久脱毛。

効果の期間

レーザー脱毛5回程度でセルフケアが楽になり、10回前後でほぼノーメンテナンス状態。
光脱毛12回程度でセルフケアが楽になり、24回前後でノーメンテナンス状態になるものの、定期的に施術を受けないと元通りになる。
針脱毛5回程度でセルフケアが楽になり、10回前後でほぼノーメンテナンス状態。

ヒゲ脱毛のリスクと副作用

ヒゲ脱毛には大変多くのメリットがあるが、良くある副作用やリスクも知っておくことは重要だ。

ここで、脱毛の際に知っておくべき副作用と、それらを最小限に抑えるための対処法、前処置・後処置の重要性について見ていこう。

良くある副作用

赤み・腫れ

施術後、特に敏感肌の方は、皮膚が赤く腫れることがある。これは通常一時的で、適切なスキンケアで改善する。

かゆみ

施術部位のかゆみもよく見られる反応だ。しかし、掻くことは避け、指定された軟膏やクリームを使用しよう。市販薬のかゆみ止めを使っても構わない。

毛嚢炎

レーザーの照射によって皮膚のバリア機能が低下し、菌が毛穴に侵入することで発生する。毛嚢炎を防ぐためには、照射後の皮膚を清潔に保ち、適切な保湿ケアを行うことが重要だ。

色素沈着

皮膚の刺激や炎症が原因で色素沈着することがある。紫外線対策と適切なケアが重要だ。かゆみで掻きむしることが原因となることも多い。

副作用の最小化

副作用の最小化のためには、以下の手順を丁寧に行うことが重要となる。

適切な施術の選択

  • 自己の肌質や毛質に適した脱毛法を選ぶ。
  • クリニックでのカウンセリングを受け、専門家のアドバイスに基づいて施術を選択する。

施術前のスキンケア

  • 施術前に皮膚を清潔に保つ。
  • 消炎効果のあるスキンケア製品を使用する。
  • 日焼けを避け、SPFの高い日焼け止めを使用する。

施術後のアフターケア

  • 施術後は皮膚を清潔に保ち、適切に保湿する。
  • 強い日差しや摩擦から肌を守る。
  • 炎症を和らげるために、冷やすなどの対処をする。

適切な期間をあけて施術

  • 施術間隔は、肌の状態や施術の種類に応じて調整する。
  • クリニックのアドバイスに従って、次の施術までの期間を守る。

健康的な生活習慣

  • 健康的な食生活や十分な睡眠を取り、ストレスを管理する。
  • 健康的な生活習慣を心がけることで、皮膚の健康も保たれ、副作用のリスクが減少します。

副作用の早期発見と対処

  • 施術後に異常を感じた場合は速やかにクリニックに相談する。
  • 必要に応じて、適切な治療やケアを受ける。

副作用の対処法

副作用や予期せぬ反応が発生した場合には、迅速かつ適切な対処が必要だ。

炎症・腫れ・赤み

  • 冷却パックや冷たいタオルを適用して、腫れや赤みを鎮める。
  • 炎症を抑えるための軟膏やクリームを使用する。
  • 医師から処方された場合は、経口の抗炎症薬を服用する。

感染

  • 傷口の清潔を保ち、消毒液で定期的に消毒する。
  • 医師の診察を受け、必要に応じて抗生物質を使用する。

毛嚢炎

  • 抗生物質の塗布や経口摂取が推奨される場合がある。
  • 傷口の清潔を保ち、炎症を避けるための適切なスキンケアをおこなう。

色素沈着

  • 高SPF値の日焼け止めを使用して、悪化しないよう紫外線から肌を守る。
  • 化学的ピーリングやレーザートリートメント等、医師のアドバイスに基づく治療を受ける。

火傷・水泡

  • 軽度の場合は、冷却パックやアロエベラジェル等を使用する。
  • より重篤な状態の場合は、速やかに医療機関を受診し、適切な治療を受ける。

ヒゲ脱毛の費用の考慮

ヒゲ脱毛の費用は、選択する脱毛法、クリニックやサロンの価格設定、地域、施術範囲(例:顔全体または部分的な脱毛)によって大きく異なる。

価格を比較する際、単なるコストだけでなく、効果の持続性、施術の質、副作用のリスクなども考慮することが重要だ。

各脱毛法の平均的な費用

1回ツルスベ
レーザー脱毛1~2万円10~20万円
光脱毛0.5~1.5万円12~36万円
針脱毛2~3万円20~30万円

考慮すべきポイント

現在、ヒゲ脱毛はレーザー脱毛が主流となっている。光脱毛は効果が弱いうえに、脱毛サロンの大型店の倒産などが相次ぎ、検討するにはリスクが高い。そのため、ヒゲ脱毛をするなら医療脱毛であるレーザー脱毛を検討すべきだ。

レーザー脱毛を選択する際に考慮すべき重要なポイントを挙げていく。

効果の持続性

レーザー脱毛は効果の持続性が高い。一度の施術で毛周期の異なる毛にアプローチでき、複数回の施術で長期間にわたる脱毛効果が期待できる。

ただし、効果の持続性を最大限に引き出すためには、指定された期間と回数を守って施術を受けることが重要だ。

安全性とリスク

医療脱毛は、医師や看護師が施術を行うため、安全性が非常に高い。

しかしながら、施術を受ける際は、医師等に任せっきりではなく、施術前のカウンセリングでのアフターケアの指導をよく理解し、副作用のリスクを最小限に抑える必要がある。

クリニックの選定

クリニックの評判や、施術を行う医師の経験や資格も重要な選定基準となる。信頼できるクリニックを選ぶことで、より安全かつ効果的な脱毛治療を受けることができる。

費用

レーザー脱毛は、上で示した相場を見ればわかる通り、実は最もリーズナブルな施術といえる。それもクリニックによるので、しっかりとした事前調査は必要不可欠だ。

結論:脱毛方法の正しい選び方と得られるメリット

ヒゲ脱毛においては、熱破壊式のレーザー脱毛が最も一般的かつ効果的な方法だ。効果が高く、副作用が少ないため、安全かつ確実に結果が得られる。

しかし、最適な結果を得るためには、適切なクリニックや医師を選定する必要がある。

  • クリニック選びのポイント
  • 期待できる効果・メリット

クリニック選びのポイント

ニーズと目標の確認

具体的な期待

完全な永久脱毛を希望するのか、毛の量を減少させたいのかをはっきりさせ、それに基づいて具体的な目的を明確にする。

例えば、

  • 全体を完全になくす
  • 特定の部位の毛を完全になくす
  • 薄くする …etc
皮膚のタイプと毛の色

皮膚の色や毛の色、毛の太さもレーザー脱毛の効果に影響する。ヒゲ脱毛には熱破壊式が一般的だが、日焼けした肌には照射できないため、蓄熱式を選択しなければならないケースもある。

痛みの耐性

人によって痛みに耐えられるレベルは異なる。ヒゲ脱毛は最も痛みが伴うので、麻酔の有無も重要な要素となる。

taichi

僕は麻酔なしでやりましたから、麻酔がなくても無理ではないです。

信頼できるクリニック

クリニックの評判

ンターネットでのクリニックの評判や口コミをチェックし、信頼できるクリニックかどうかを調べる。

医師の資格と経験の確認

施術を行う医師の資格や経験年数、過去の症例などを確認する。

カウンセリングを受ける

コース内容・プランの確認

施術の手順、期間、施術回数、追加料金、必要なアフターケア等を詳細に確認する。

リスクと副作用の理解

潜在的な副作用やリスクについて十分に理解し、不明点はその場で質問する。

予算の計画

トータル費用の確認

初診料、施術費用、アフターケアにかかる費用等、コースの料金だけでなく、全体の費用を把握しよう。

予算内での計画作成

把握した全体の費用を基に、予算内での具体的な計画を立てよう。必要に応じて、クレジットカードの分割払いやメディカルローンの利用を検討してもいいだろう。

期待できる効果・メリット

永久的な脱毛効果

毛の再生抑制

熱破壊式のレーザー脱毛は、毛根の細胞を破壊し、永久的に毛が生えてこなくなる。

効果の強さ

1回でも十分効果的なので、毛周期に合わせて5回ほど受ければ高い効果を実感できる。

肌の健康と美容の向上

毛嚢炎・埋没毛の防止

レーザー脱毛によって生えてこなくなった箇所の毛穴は閉じていくので、肌トラブルである毛嚢炎や埋没毛のリスクも大幅に減少する。

肌質の改善

毎日の剃毛や脱毛クリームの使用が不要となり、肌が健康で美しく保たれる。

時間と労力の節約

剃毛の手間解消

日々のヒゲ剃りの手間が省かれることで、時間を有効に利用できるようになる。

長期的な経済効果

ヒゲ脱毛時代の初期費用はかかるが、長期的に見れば剃刀や脱毛クリームの購入コストから解放される。

自信の向上

外見への自信

毛がなくなり、肌が滑らかになることで、見た目が若返り、外見に自信が持てる。これが、自信や満足感の向上につながる。

精神的な安定

濃いヒゲ・青ヒゲなど、ヒゲに対するコンプレックスや、日々のヒゲ剃り・肌荒れに対するストレスから解放され、精神的な安定が得られる。

よくある質問

ヒゲのレーザー脱毛は痛みを伴いますか?

ヒゲのレーザー脱毛には、男性が脱毛する部位としては、最も痛みの強い部位だ。

excite. epi

多くのクリニックでは笑気麻酔や麻酔クリームをオプション

ヒゲ脱毛の効果はどれくらい続きますか?

脱毛効果の持続期間は個人差があるが、適切な回数の施術を受ければ、長期間毛が再生しなくなる。完全な永久脱毛を望む場合は、10回前後が必要となる。

また、永久脱毛と言っても20%くらいは再生するため、数年後に1~2回の再照射は必要となる。

The Style Dictionary
施術後のアフターケアは必要ですか?

施術後は、皮膚が敏感になっているので、直射日光や刺激から肌を守ることが重要だ。

また、施術部位を清潔に保ち、クリニックから指示されたスキンケアを行うこと。

ヒゲ脱毛の施術間隔はどれくらい必要ですか?

ヒゲ脱毛のレーザー脱毛の施術間隔は、通常は4週間。これは、ヒゲの毛周期と施術の効果が最大になるタイミングに基づいている。

8週間というクリニックもあるが、患者数が多すぎて、その間隔にしないと予約が回らないのだと勘ぐっている。

施術後に剃刀や毛抜きで毛を剃ったり抜いたりしても大丈夫ですか?

施術後、しばらくの間は皮膚が敏感になるため、毛を剃る際には注意が必要だ。

脱毛後1週間ほどでヒゲがポロポロと抜け落ちてくるが、それまでの毛はふにゃふにゃで、何とも剃りにくい。できるだけマスクで対応しよう。

また、毛を抜くことは厳禁だ。抜くと毛周期が崩れたり、毛根にダメージを与え、治癒を妨げる可能性がある。

脱毛1週間後のポロポロ抜ける時期になったら毛抜きで抜いても構わないが、スッと抜ける毛だけにしよう。少しでも抵抗がある毛を抜いてはいけない。

ヒゲ脱毛は男性専用ですか、それとも女性も受けることができますか?

ヒゲ脱毛は主に男性を対象としているが、ヒゲの濃い女性も施術を受けることができる。

女性向けの医療脱毛を行っているクリニックなら、ほぼ必ず顔のコースもある。具体的な疑問や不安がある場合は、クリニックに相談してみてほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次