性の悩み

【精液を増やす方法3選】エビオス錠より確実に射精量アップ

最近、射精時の精液の量が少なくなったと感じることはないだろうか。

「精液を増やすにはエビオス錠がいいらしい」

こんなウワサを耳にしたことがあるかもしれない。確かにエビオス錠で精液は増える。

なぜエビオス錠で精液が増えるのか、その理由に迫る。このページでわかることは次の2点で、特に伝えたいのは2番目だ。

  1. なぜエビオス錠で精液が増えるのか
  2. エビオス錠よりも効率的に精液を増やす方法

さっそく見ていこう。
まずは大まかに概要を把握し、そのあとで具体的に見ていくほうがわかりやすい。

精液を増やす効果的な方法は次の3つ。

  1. 精液を増やす成分をとりいれる
  2. 精液を満タンまで溜める
  3. 精子をつくる力を増やす

そのために有効な方法は次の3つがある。

  1. 亜鉛を摂取する
  2. オナ禁をする
  3. 筋トレをする

エビオス錠で精液が増える理由は亜鉛が入っているからである。

亜鉛は精子をつくるのに欠かせない成分だが食事から十分な量をとるのは難しく、さらに吸収率も悪いためサプリで補うほうが効果的だ。

単純に精液を増やすだけなら亜鉛のサプリを飲むだけでいい。より効果を高めたいならオナ禁や筋トレも取り入れよう。

オナ禁すれば精子を満タンまで溜めることができるうえに、テストステロンが増えることで精子を生み出す力も強くなる。

筋トレで太ももの前面やPC筋を鍛えれば、テストステロンが増えて精子が増えるし、射精の勢いや飛距離も伸びる。

それぞれ具体的に見ていこう。

亜鉛のサプリを摂取する

精液量を増やす成分として欠かせないのが「亜鉛」だ。亜鉛には元気な精子を生み出す手助けをするミネラルが豊富に含まれている

亜鉛は精液に濃く含まれていて、少なくなると性機能が低下することから、アメリカではセックスミネラルと呼ばれている。

taichi

エビオス錠を飲むと精液が増える理由は亜鉛が含まれているから

精液の90%以上が精子に栄養を与えたり、保護する役目の精のう液・前立腺液でできている。残りが精子。

taichi

精液という水たまりの中をオタマジャクシ(精子)が泳いでいるイメージ

亜鉛で精子が増えると、より多くの栄養が必要となるので、精のう液や前立腺液が増える。そのため、亜鉛を摂取すれば精液が増えるというわけだ。

亜鉛は慢性的に不足気味

精液をつくるには亜鉛を大量に必要とするのだが、男性は慢性的に亜鉛不足といわれている。

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準2015年版』によると、成人男性に必要な亜鉛の量は1日10mg

ところが日常的に摂取できているのは8mg程度。

最低限の摂取量でさえ足りていないのに、オナニーやSEXで1回射精すると3~5mgの亜鉛を放出してしまう。

摂取不足&射精が、亜鉛が慢性的に不足している理由なのだ。

taichi

精液量を増やしたい場合10mgでは足りず、理想は40mgという専門家もいるくらい。

亜鉛を食事から摂る場合

食事から亜鉛は摂れるが、2つの理由からものすごく効率が悪い。

  1. 必要な量を食べるのが難しい
  2. 亜鉛は吸収率が悪い

必要な量を食べるのが難しい

亜鉛は体内で作られず、食事から摂り入れるしかない。それにも関わらず成人男性に必要な量(10~20mg)を摂るには牡蠣5つくらい必要となる。毎日毎日。

taichi

毎日これだけの量を食べるのは厳しい...

もっと現実的に亜鉛が効率よく摂取できる食べ物はないのか調べてみた。

食品亜鉛
(mg/100g)
牡蠣(燻製油漬缶詰)25.4
小麦はいが15.9
牡蠣(養殖)水煮14.5
牡蠣(養殖)生13.2
カツオ類(塩辛)11.8
パプリカ(粉)10.3
ボラ(カラスミ)9.3
ビーフジャーキー8.8
豚(スモークレバー)8.7
サバ類(鯖節)8.4
日本食品標準成分表2015年版(七訂)のデータを引用

数値だけ出されてもピンとこない。生牡蠣100gは約5つ。セブンイレブンのビーフジャーキーが45gなので2袋弱となる。

牡蠣5つ=亜鉛13.2mg
ビーフジャーキー2袋弱=亜鉛8.8mg
taichi

さすがに食事のみだとキツい。
だからサプリを推奨。

亜鉛は吸収率が悪い

亜鉛は吸収率が悪く、腸管からの吸収率は30%程度しかない。実際は牡蠣5つ食べても足りない...

食べ物から摂取された亜鉛は小腸で吸収され、その吸収率は約30%といわれています。そして年齢とともに亜鉛の吸収率は低下します。

オーソモレキュラー栄養医学研究所

亜鉛以外に精液を増やす栄養素

精液を増やす栄養素は亜鉛のほかにもある。

栄養素役割
セレニウム精子の運動量を活性化する
タンパク質精子の原料となる
ビタミンE精巣機能を高め、精子の数を増やす
コレステロールテストステロンの原料となる
アルギニン成長ホルモンを促進する
ビタミンC亜鉛の吸収率を高める

亜鉛ほど必須ではないが、これらの栄養素も入っているサプリを選ぶと効率よく精液を増やすことができる。

亜鉛のおすすめサプリ

エビオス錠で十分ならいいのだが、エビオス錠1日分の中に亜鉛は0.43mgしか入ってない。ここまで読んできたなら圧倒的に少ないことがわかるはずだ。

エビオス錠よりも効率的に亜鉛が摂取できるサプリを2種類紹介する。

DHC 亜鉛

手軽に始めたい人向け

価格 449円
容量 60日分
亜鉛量 15mg
その他成分 クロム 60μg
セレン 50μg

「とりあえず始めてみよう」という人に最適なのがDHCの亜鉛だ。ドラッグストアやコンビニで購入できるしAmazonなら500円もしない。

リーズナブルなのに亜鉛は15mg入っている。含有量は多いとは言えないが最低限の摂取量は確保している。まずは安いもので様子を見たいという人にピッタリなサプリだ。

海乳EX

より射精量アップを実感したい人向け

価格 2,052円980円(送料無料)
容量 31日分
亜鉛量 12mg
その他成分 アルギニン
ロイシン
グリコーゲン
ミネラル 12種類
アミノ酸 19種類
ビタミン 11種類

本格的に精液料を増やしたい人は海乳EXがおすすめだ。亜鉛量は12mgでDHCよりも少ないが、亜鉛の原料の品質が違う。本場の瀬戸内海で養殖された生牡蠣をそのまま抽出したエキスを使っているため濃いのが特徴だ。

吸収率を高めるためにビール酵母を配合している点も注目したい。ビール酵母には善玉菌を増やしてくれる成分が含まれている。

亜鉛は胃の中がアルカリ性の傾向にあると吸収率がガクンと落ちる。善玉菌を増やすことで酸度を高め吸収率を上げる工夫が凝らされている。

亜鉛以外の成績を増やす成分もバランスよく入っているため「亜鉛12mgって少なくね?」と高をくくっていると驚くほど精液量がアップする。

オナ禁する

オナ禁とはオナニーを禁止すること。1回射精すると精液が溜まるまでに3日かかる。だから単純にオナニーを禁止して精液量を増やそうということ。

しっかり溜めてから射精すればドクドクと勢いよく大量に精液を出せるようになる。

オナ禁のやり方

単純に射精しなければいいだけ。
簡単なことだが「3日も我慢できるかー!」って人もいるだろう。

3日も我慢できない、オナニーが日課になっている、それはオナニー依存症だ。中毒から回復するにもオナ禁はベストな選択といえる。

オナ禁する期間

射精した後、精液が満タンになるまでに約3日かかりるため、オナ禁も3日間がおすすめだ。

3日以上オナ禁を継続しても精液がたくさん溜まるわけではなく、尿や汗となって体外に排出されてしまう。

オナ禁の期間を伸ばしても満タンになったらそれ以上は増えない。ただ、精子を生み出す力が強化される可能性はある。

オナ禁は単に精子を溜めるだけじゃない

オナ禁すると男性ホルモンのテストステロンが増えるため、精子の量が増える。

なぜならテストステロンは精巣の中で分泌され、精子の産生に関わっているから。

一般に年齢とともに精子の力は衰え、精液の量も減り、濃度も薄くなる。これはテストステロンの減少によるところが大きいと言われている。

テストステロンを増やせば精子量が増えることもわかっている。

実際に1週間のオナ禁でテストステロンの血中濃度が1.5倍に増えたという研究結果もある。

taichi

オナ禁は精液を満タンに溜めるとともに、精子を生み出す力もパワーアップする、意外と画期的な精液増産行為。

運動・筋トレをする

下半身、特に太ももの前面の大腿四頭筋は下半身の血液を循環させるポンプの役割なので生殖器官のはたらきも活発化する

また、精子を産生に関わっているテストステロンは筋トレで増えることもわかっている。

スクワットが効率的

運動なら何でも良いというわけではなく、スクワットが効果的だ。

下半身の血液を循環させるのは太ももの前面の筋肉なので、ここを集中的に鍛えることができる。

スクワットは勃起力や射精力に深い関わりのあるPC筋(骨盤底筋群)も鍛えることができるので、まさに一石二鳥。

10回を3セットだけでいいから毎日続けてみてほしい。1ヶ月も経たないうちに射精の勢いや飛距離が伸びたことを実感できるはずだ。

肥満気味なら有酸素運動も行う

自分で「少し肥満気味かな?」と思っているなら有酸素運動も行うと精液の量が増える。

なぜなら脂肪は男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンに変えてしまう酵素が含まれているからだ。

太るとおっぱいにお肉が付く。単に肥満体型だからというだけではなく、女性ホルモンの割合が増えて女性化しているのだ。

ダイエットで脂肪を落とすことでテストステロンがしっかり分泌されて、精子を作る力が回復する。そのためにも痩せよう。

まとめ

精液を増やすためには、精液を増やす成分をとりいれる、精液を満タンまで溜める、精子をつくる力を増やす、この3つが効果的で、そのために有効な3つの方法を紹介した。

  1. 亜鉛のサプリをとる
  2. オナ禁をする
  3. 筋トレをする

亜鉛は精子をつくるのに欠かせない成分なのに食事から十分な量をとるのは難しく、吸収率も悪いため、サプリで補うほうが効果的だ。

オナ禁をすれば、精子を満タンまで溜めることができるうえに、テストステロンが増えることで精子を生み出す力も強くなる。

筋トレで太ももの前面やPC筋を鍛えればテストステロンが増えて精子が増えるし、射精の勢いや飛距離も伸びる。

精液の量に悩んでいるならぜひ試してほしい。

-性の悩み

画像の右クリックは禁止しています