基礎講座

【出会い系サイト攻略】出会える確率を高める完璧プロフィールの作り方

出会いはプロフィールで8割決まる

出会い系サイトではプロフが最重要だ。出会えるかどうかを左右する重要なポイントなのだが、恐ろしいほどいい加減な男性が多い。

逆を言えば、ポイントを抑えて完璧プロフィールを作り込めば、出会える可能性は爆上がりというわけだ。

プロフの重要性は今さら強調するまでもない。顔写真がない、書いてある文章も魅力を感じない、これでどうやって女性を振り向かせられるというのだろう。

例えば、こんなプロフの女性に惹かれて「いいね」やメールを送る気になるだろうか。

「この人は本当に出会う気があるのか?」
と思ったあなたは正常だ。

  • どういう人物かわからない
  • どういう出会いを求めているのか不明

こんな消極的な人を相手にしなくても、出会い系サイトには魅力的な女性がたくさんいるため、そっちに行くだろう。

女性も同じように思っている。

そうは言っても...
何を書けばいいかわからない
写真は身バレがこわい

女性受けするプロフの作り方がわからない

自分を上手にアピールする、おそらく多くの男性が苦手とするところだろう。

だが安心して欲しい。ここで書いてあることを実践すれば、女性が放っておかない完璧プロフィールを手にすることができる。

完璧プロフィール

  1. 有象無象の中から女性の目に止まりやすく、好印象を抱かせる顔写真
  2. 読んでいくうちに「いいね」やメッセージを送りたくなる自己紹介文

じっくり獲物がかかるのを「待つ」ときはもちろん、手当たり次第にメール爆撃する「攻め」であっても、あらかじめ完璧プロフィールを作っておけば、釣果はバツグンに上がる

女性から好印象を得られるプロフィール写真の作り方

プロフ写真とは言ってみれば商品写真だ。

あなたがAmazonでも楽天市場でもネットで商品を購入するとき、商品の写真が不鮮明だったら買いたいと思うだろうか。

どの企業だって商品写真は盛っていて目を引きやすいように作っている。マクドナルドのCM商品と実際の商品を比較した動画がわかりやすい。

要はCM商品と同じで、嘘はいけないが奇跡の一枚で勝負しようということ。

プロフ写真は必ず顔写真を公開する

リアル社会において初対面の場合、相手のファーストインプレッションを決定づけるパーツといえば、間違いなくだろう。

出会い系でも同じで、プロフィール写真はその人の印象を決定づける大事な写真だ。

taichi

あなたも女性を探すとき、顔写真ある人を中心に見てしまうでしょ?

第一印象が悪ければ、中身まで知ろうとは思わない。

ましてやプロフィール写真をアバターにしたり、設定しない人は、それだけで不利になる。

ここだけの話、顔写真を公開すると出会える確率が激増する

必ず公開すべき写真は次の3点。

  1. 笑顔の顔写真
  2. スタイルがわかる全身写真
  3. 趣味の写真

顔写真は笑顔がマスト

男性はなぜか社長のような威厳を見せようとしたり、強さを表したいのかラーメン屋の如く腕組み写真を載せたがる。

しかし、最も反応の良い写真は「他人に撮影してもらった自然な笑顔」だ。

正面だけどカメラ目線を外した屈託のない笑顔の写真がベストだが、横斜め顔も身バレを防げるし、反応もあまり落ちない。

笑顔の写真の例

自然な笑顔だと伝わる写真ならそれでOKだ。

だが、自撮りではこうも上手に撮れないので、誰か第三者に撮影してもらおう。

そんな人はいません

解決策を2つ紹介する。

  1. マッチングアプリ専門の出張撮影サービス
  2. セルフ撮影

マッチングアプリ専門の出張撮影サービス

プロのカメラマンがプロフように最高の写真を撮影してくれるサービスだ。

出会い系サイトで利用している人は少ないと思われるが、マッチングアプリでは常識となっている。

真剣な恋活ではプロフ写真はお見合い写真のようなもの。気合の入れようが違う。

Photojoyは全国対応していて、肌の補正などもプロが行ってくれる人気のサービスだ。最安のプランは7,700円。

「ココナラ」などでも同じようなサービスを見つけることができる。

セルフ撮影

動画を撮影してベストショットをスクショする方法なら、自分で撮影することができる。

撮影方法

  1. 録画状態にしたスマホを三脚などで固定して、自分自身で動画を撮影する。
  2. 動画を再生し、ベストショットでスクショする。
taichi

セルフ撮影の注意点を2つほど

1.自撮りはNG

女性は自撮りばかりなのに、男が自撮りをするとキモいと思う不思議な生き物だ。自撮りと思われないようなカットを選ぼう。

2.アプリの加工はNG

多少盛る程度は大丈夫だが、会うことを前提に考えて修正しよう。会って別人だと明らかにテンション下がるし、顔を見てドタキャンされる確率も高くなる。

心配しなくて大丈夫。イケメンじゃなくても自然な笑顔には魅力がある。女性はそこに惹かれるが、不自然なアプリの加工はその魅力を台無しにしてしまう。

上で紹介した撮影サービスPhotojoyのホームページにいくつか写真が掲載されているので参考にするといい。

サブ写真で全身のスタイル・ファッションを見せる

スタイルに自信がなくてもいい。太っているなら奇跡の一枚のような、スタイルをごまかせるポーズを調べてみよう。

ファッションに自信がない人、難しく考えなくていい。アラフォーはシンプルが一番。シンプルといえば、そうユニクロだ。

ユニクロでオーバーシルエットの白Tとスマートアンクルパンツを買ってこよう。白スニーカーを合わせれば完璧。これだけで清潔感はクリアでき、好感度も悪くない。

この着こなしをマスターするだけで、下の写真のようにピンク+ネイビーという難しい色合わせでもオシャレに着こなせる。

秋冬なら季節感をだして、上記にカーキやグレーのジャケットを羽織ればOK。これもユニクロでいい。

趣味に関連する写真で好感度を上げる

  • アウトドア
  • グルメ
  • 映画
  • ドライブ
  • 旅行

女性にも興味を持たれるような趣味があれば、その趣味に関する写真をアップしておくと、共通の話題で話し合える女性からメッセージが来る可能性が高い。

taichi

神社仏閣巡りが好きなら有名神社の写真とか

taichi

カフェやスイーツ好きなら良さげなカフェの写真とか

ただし、次のような趣味は引かれるのでNGだ。

  • ギャンブル
  • アダルト
  • 鉄道
  • 占い
  • 読書
  • 人間観察
  • ランニング
  • 仕事(副業も含む)

顔出しの隠れた恩恵

顔出し写真を公開することで、あまり知られていない隠れたメリットがある。

それはプロフィール非公開の女性からメールをもらいやすくなることだ。

女性には毎日数十通ものメールが来る。それを避けるためにプロフィールを公開してない女性もいる。

そういう女性は普通は見つけられないが、顔写真を公開し、自己紹介を丁寧に書くことで、向こうからメッセージをくれるようになる。

狙いを定めてメールしてくれたただけあって積極的で、トントン拍子で出会うことができる。

完璧自己紹介の作り方

女性が自己紹介(自己PR)を読み始めるということは、顔のチェックはパスしたと思って問題ない。次の審査は自己紹介だ。

出会えない男性ほど、この部分が適当になっている。自己PRを上手に作成することで、無料登録時にもらえるポイントだけでも出会える確率は高くなる。

外見・仕事・ライフスタイルなどは正直に書く

自己紹介にはあなたの個人情報を書く項目があるが、正直に書くのが前提だ。

例えばハッピーメールでは、外見・仕事・学歴・ライフスタイル・自己評価の項目がある。他の出会い系サイトも同じような項目が並ぶ。

ここで年収を盛っても食いつくのはパパ活女子だけだ。スタイルを盛っても出会ったときにバレる。

既婚もウソを付く必要なし

出会い系サイトは恋人や結婚相手を探す場所じゃない。既婚女性にとってはむしろ同じ既婚者の方が秘密を共有できるから評価が高い。

あなたのことを出来るだけ詳しく記載することで、事前に女性に「あなた」のことを理解してもらうのが自己PRの役割だ。

ありのままを知ってもらおう。

セフレ募集はストレートに書かない

「セフレを探しています。」
「大人の関係で付き合える人を探しています。」

こういうことは正直に書かないほうがいい。

女性も同じような相手を探しているが、そこはホンネとタテマエの世界。オブラートに包まないと「ヤリ目!?」と敬遠されてしまう。

「お互い癒やし合える関係」

のように、見てわかるけどハッキリとは言わないような表現で記載しよう。

自己紹介欄が重要

個人情報の入力は、質問が決まっているから書くのも楽だ。

だが本当に大事なのは自由に自己PRを書く自己紹介欄である。女性はここを見て会うかどうかを決めてしまうほど、重要な部分だ。

あなたもアラフォーなら仕事でプレゼンを受けたり、部下の企画書・提案書などを見る機会もあるはず。

  • 伝えるべきことが端的にまとめられているか
  • どのような課題があり、どのような解決策があるのか
  • 文章で商品の魅力をイメージできるか
  • イメージした商品に心が惹かれるか

こういった内容をチェックしていると思うが、自己PRも同じだ。端的にあなたという商品の魅力を伝えればいい。

それが難しいんだが?

まぁ、そうだろう。一例を挙げるので参考にしてみてはどうだろう。

はじめまして、taichiです。
都内でIT関連の仕事をしている40歳です。

仕事がテレワークになり、あまり人と話す機会がなくなってしまったので、こちらのサイトを始めてみました。①

お茶をしたりお酒を飲みながら他愛ない話をしたり、お互い癒やし合える関係が理想です。②

御朱印を集めるのが趣味で、全国の神社や寺を巡るうちに、その土地ごとの魅力を感じ、今では旅行が趣味です。③

見た目は...どうでしょう、普通だと思います。自分ではそう思わないですけど、たまに○○○○に似ていると言われます。④

学生時代はサッカーをしてました。最近はジムで体を動かして、なんとか中年体型にならないようにがんばってます。⑤

でも食べることが大好きで、美味しいものや甘いものには目がないんですよ。一緒にお店を開拓してくれる女友達も大募集です。⑥

サイトに登録した理由を伝える。
どういう女性を求めているかを伝える。(セフレとか本音を書いちゃダメ)
趣味を書く
似てるなんて言われなくても爽やか系でイケメンすぎない芸能人を挙げるといい。
体系アピール(中年体系の人は少し痩せる努力をした方がいい。ぽっこりお腹が一番ダメ)
「女友達」の一言があるだけでがっつき感が減るのでおすすめ。

自己紹介に書いてはイケナイこと

  • セフレ募集
  • 自分の性癖
  • 相手に望む性癖

男性視点ならではの合理的な効率化。しかし女性はソレに惹かれない。あくまでも自己紹介はあなたを知るための入り口に過ぎないからだ。

  • LINE・カカオで話しましょう

女性だって最終的には直接連絡することを望んでいるが、なぜどこの誰かもわからない男にLINE IDやカカオトークidを教えなくてはならないのか。

サービス内のメッセージというシステムで守られているのに、それを捨ててまでプロフィールしか知らない男に教えるわけがない。

単なる出会い厨と思われるので、そういうセリフは書かない。

この趣味はOK?NG?

NG趣味

  • ギャンブル
  • アダルト
  • 鉄道
  • コレクター
  • 占い
  • 読書
  • 人間観察
  • ランニング
  • 仕事(副業含む)

女性に好まれない趣味はなんとなくわかるだろう。

もちろん、この中でも同じ趣味を持つ女性もいる。趣味友を見つけたいならそれもアリだが、目的はSEXのはず。

こだわりの趣味だとしてもあえて妥協すべき部分だ。

OK趣味

  • アウトドア
  • グルメ
  • 映画
  • ドライブ
  • 釣り
  • 漫画・アニメ
  • 映画
  • カラオケ
  • 語学
  • スノボー
  • ダーツ
  • ビリヤード

どれも女性と一緒にできる趣味ということがわかる。

「語学」は興味を持つ女性が多いので、あなたが外国語がそれなりに堪能なら、教えてあげられるというポイントは高い。

出会い系にはオタク女子も多い。漫画・アニメ・ゲームなどの趣味があれば、この手の情報でも食いつく女性はいる。

ただし、一般女性にはウケがよくないので、オタクとわかるような記載はNGだ。

自分のオタク趣味と合う女性がいたら、メッセージで連絡してみるといい。「俺も◯◯好きなんだ!」と熱い想いをぶつけてあげてくれ。

きっと良い友達になれるはずだ。

まとめ

出会えるかどうかはプロフ設定にかかっている。にもかかわらず、手を抜いている男性ばかりだ。

写真は顔がわかるような顔写真を公開し、自己PRは真面目すぎずポイントを抑えて作成する。

基本的にはバレなければ嘘をついても問題はない。だが出会ってからボロがでないように、過大評価するウソは辞めておいたほうがいい。そんなことしなくても出会えるから心配は無用だ。

プロフ設定も終わり、いよいよ本格的に活動するわけだが、その前にどのようなプロフの女性が出会えるタイプなのか、プロフの見分け方を確認しよう。

プロフを見るだけでもポイント(=有料)を消費するサイトもある。出会えないとわかっている女性にポイントを消費するのはバカげている。しっかりとチェックしておこう。

-基礎講座 STEP5-

基礎講座

-基礎講座

画像の右クリックは禁止しています