コラム

出会い系で10代は要注意!詐欺に狙われたり、逮捕のリスクもある

出会い系サイトで圧倒的に狙われやすいのは、援交している男性だ。

サポやパパ活女子が活発に活動しているため忘れがちだが、援助交際は立派な買春で、買春行為は売春防止法違反だ。

taichi

罰則規定がないから逮捕などはなし

しかし、この買売春行為をネタに恐喝する詐欺集団の被害が増えていると聞く。もちろん女性もグルなのだが、最悪なのは女性が18歳未満だった場合だ。その場合は逮捕もあり得る。

奴らの手口はこうだ。

  1. 出会い系サイトでターゲットの男性を見つける
  2. 若い女性が男性に近づき、メッセージを交わして会う約束をする
  3. 援助交際の証拠を掴んだら、それをネタに恐喝する

奴らが脅すネタは次の2つが多い。

  1. 援助交際の相手が未成年で、そのことを秘密にしておく代わりに現金を要求する
  2. SEX直後に、その女性の彼氏や旦那と名乗って恐喝する(美人局)

もし女性が18歳未満だった場合、自分が逮捕される可能性があるため、警察に行くこともできずお金を払うしかなくなってしまう。

運良く逃げたとしても、もし本名や会社名などを知られてしまっていれば、SNSであることないこと拡散され、社会復帰が困難になるほど追い詰められるかもしれない。

仮に争って裁判沙汰になったとしても、あなたが証明できるのは「18歳未満だと知らない合理的な理由」くらいだ。(女性が18歳未満ではないと言っていた等)

犯罪集団の詐欺師側のほうが、よほど巧妙な証拠を持っていると考えるのが普通だ。

taichi

未成年とヤるときは気をつけて欲しい。できれば公的な証明書で年齢確認をすること

どんな理由であろうと、18歳未満と性行為をした時点で犯罪となる。バラされて困るのは警察以外にも家族や職場などあるだろう。大変な事態になる。

今回は出会い系サイトと切っても切り離せない援助交際、それに付随する詐欺行為について見ていこう。

援助交際は原則として罪にならない

援助交際は原則として逮捕されず、罪になることはないが、相手が18歳未満だった場合は逮捕される。

サポやパパ活などという言葉でデフォルメされているが、実態は援助交際に他ならない。

そもそも援助交際とは、性行為の対価として女性にお金を払うことを言う。つまり買売春だ。

売春とは、お金のやり取りをして、不特定多数の人と性行為を行うこと。買春とは、売春の相手方となること。

相手が18歳以上なら逮捕されない

買売春は違法行為だが、罰則規定がない。だから当人同士なら逮捕されず罪にもならない

当人同士と書いたのは、あっせん、勧誘、場所の提供などをした場合は処罰の対象となるからだ。

相手が18歳未満なら逮捕

たびたび出会い系サイトで知り合った少女と買春をした男性が逮捕されたというニュースが流れる。これは相手が18歳未満だったからだ。

しかも、本番行為があってもなくても卑猥な行為が行われたり、援助交際をもちかけただけで逮捕となる。

出会い系サイトなら年齢確認があるため相手は18歳以上だと認識しているだろう。

ただし、実際に逮捕された場合、なかなか通らない言い訳のようだ。「もしかしたら18歳未満かもしれない」という認識があったはずだと認定されるケースが多いのだとか。

出会い系サイトに18歳未満がいないという思い込み

現在、未成年者による、出会い系サイトの利用は禁止されている。出会い系サイト規制法で年齢確認が行われているのは、ユーザーならご存知のとおり。

とはいうものの、実際のところ18歳未満の少女が紛れてしまっているところが現実だ。

年齢確認をした人ならわかると思うが、意外とザルで、自分以外の友人や家族の身分証明書を使用して年齢確認の壁を乗り越えることが可能だ。

少女からしてみれば、自分の体を売るだけでお金が手に入るし稼げる。そして自分は逮捕されることがない。

買春行為で男性が捕まる場合、ほとんどが少女からの情報が漏れて捕まっている。補導されたり、友人から通報されたり。少女は注意だけですむが、情報を漏らされたあなたはそれでは済まない。

少女にはリスクはないが、男性にとってはリスクまみれなのが18歳未満との買春なのだ。

出会い系では10代は相手にしないのがリスクヘッジ

18歳未満の少女と知り合いたいという男性はかなり多い。JKブランドはそれだけ男にとっての憧れであり、夢ということだろう。

特に高校時代に交際経験が少なく、SEXをしたこともなかったとしたら、やはりJKへの思い入れは強くなるに違いない。

しかし、その欲望のまま行動してしまうと、逮捕されたり、詐欺に追い詰められてしまう危険性がある。

出会い系のプロフで10代と書いてある女性は相手にしないほうがいい。それが唯一できるリスクヘッジだ。

どうしてもJKと制服エッチをしたい場合、風俗で10代の若い子に制服オプションを付けてプレイをしよう。

僕は福岡の風俗で19歳の子と制服エッチを楽しんだ。「私が高校で着てたんだよ」という制服をまとうと、何ということでしょう。まるでリアルJKではないか。

それもそのはず。僕がその子とプレイをしたのは5月。つい先々月まで女子高生だったのだから。

最初のシャワーで3月までJKだったことを聞いた僕は、思わず「制服ないの?」と言ってしまった。すると「持ってるよ」という意外な答え。

そういう需要があるんじゃないかと思い、用意しているのだという。素晴らしいプロ意識だ。

taichi

10代としたいなら風俗に限る

ついでにもう1つ、10代で大当たりだった風俗の話をしよう。

こちらは地元で最大の繁華街での話。友人の付き合いで午前中の10時ごろに訪れた。

友人は目当ての子がいるため予約済み。さっさと待合室に行ってしまったが、僕は迷っていた。すると「今日初出勤の子がいますよ。ちょうど今研修を終えたばかり。(ニヤリ)」

業界未経験のウブな19歳、しかも僕が最初の客。断る理由がない。

先程の福岡の19歳も良かったが、この子はその上を行った。処女じゃないにしても緊張しまくりで、こっちの顔もまともに見れないほど真っ赤になってて、でも気持ちよくなって欲しいという意識が伝わってくるプレイの数々。

久々に風俗にハマってしまうかもしれないと思った。風俗行くなら新人、業界未経験が最高だ。

-コラム

画像の右クリックは禁止しています