オナニー

【オナニーの翌日に疲れる理由】次の日に疲労感を残さない方法

オナニーした次の日は頭がボーッとしたり、疲れが抜け切ってない感じがしないだろうか?

オナニーした翌日に疲労感を感じる原因は主に3つある。

  1. 賢者タイムが尾を引いている
  2. 睡眠の質の低下
  3. 自律神経の疲れ

これらを解消することで、翌日の疲労感を軽減できる。具体的に見ていこう。

オナニーで疲れる3つの原因

  • オナニーすると疲れる
  • 翌日も疲労感がある
  • ダルい ...etc

こういった症状を感じる原因は3つある。

  1. 加齢によって賢者タイムが尾を引く
  2. 睡眠の質が低下することで疲労回復できない
  3. 自律神経の疲れの蓄積

ひとつずつ見ていこう。

加齢によって賢者タイムが尾を引く

賢者タイムは正式には「不応期」というが、セックスした後だけじゃなくオナニーの後もある。

taichi

「不応期」ってネーミングすばらしい(笑)絶対に応じないという強い意志を感じるw

アラフォーともなると射精した後は30分~1時間くらい性欲も体力もガックリくる。

若い人は一晩ぐっすり眠れば回復するが、年齢を重ねるに連れて賢者タイムの余韻が朝まで残ってしまい、脊髄の反射機能も疲労しているため神経も疲労する

taichi

要は翌朝まで疲れが残る

そのため、いくら身体を休めても、なかなか回復しなくなってしまう。肉体はおろか精神的にもドッと疲れがでるんだからたまらない。

睡眠の質が低下することで疲労回復できない

睡眠の質の低下

  • 寝付きが悪く、
  • 眠りが浅いため、
  • ぐっすり眠れていない状態

質の良い睡眠を取るためには、副交感神経が優位(=リラックス)の状態で眠りにつくことが大切だが、オナニーは交感神経(=興奮)を高める。

脳が活動的なまま眠りにつくため、寝付きが悪くなる。

自律神経の疲れの蓄積

「疲れの蓄積」と聞くと肉体的な疲労をイメージするが、実は肉体的な疲労の影響は低いことがわかっている。

東京睡眠・疲労クリニック院長の梶本先生によれば、疲れは自律神経の消耗によるもので、心拍数とか体温調整とか、休まずコントロールしている自律神経が疲れてしまうことで起こるという。

自律神経…交感神経と副交感神経のこと

交感神経と副交感神経

仕事中は交感神経が活発だが、家に帰ってきてリラックスすることで副交感神経が活発になり、そのまま睡眠という流れとなる。

交感神経と副交感神経のサイクル

ところがオナニーすると交感神経が活発になる。そして睡眠で副交感神経を優位にしようと調整する。

副交感神経はゆっくりと上昇するため、布団に入ることには交感神経が活発になったままだ。

毎日オナニーしていたら交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、自律神経の疲労が蓄積されていくことに……

頭がボーッとしたり、記憶力が低下したり、ダルかったり。こういう症状は自律神経が疲労しているから。

そうすると、睡眠のリズムが作れなくなってしまって、自律神経が回復できなくなって、どんどん疲労が溜まっていく。

taichi

毎日オナニーすると睡眠の質が低下して疲れが蓄積する

睡眠の質を改善すればオナニーの疲労も解消できる

オナニーで疲労感を感じている人は睡眠の質を改善すると解消される。

睡眠の質を改善すれば、自律神経の疲労も回復するから疲労感もなくなるし、男性ホルモンのテストステロンも回復するので、活力が湧いてくる。

睡眠の質を改善する方法を具体的に見ていこう。

眠りにつくまでの3時間が睡眠の質を決める

副交換神経が優位になっていてリラックスしていると寝付きが良くなる。

交感神経は緊張や興奮で急に活発になるが、副交感神経はゆるやかにしか上がらない。

寝る直前に、急に副交感神経を働かせようと思っても無理なのだ。

taichi

オナニー後に寝ると寝付きが悪くなる理由がこれ

副交感神経を働かせるために、寝る3時間前から意識してリラックスしていかないと睡眠の質を向上させることはできない。

副交感神経を働かせる3時間の過ごし方

難しく考える必要はなく、家でまったり過ごせば自然と副交感神経が優位になる。

  • 電気は暗めにする
  • 熱すぎないお湯に浸かる
  • パソコン・スマホは見ない
  • アルコールを飲みすぎない

この4つを気をつけていれば副交感神経はどんどん働きだす。

電気は暗めにする

カフェやバーは間接照明などを多用して薄暗いムーディーな雰囲気だが、心地よく落ち着く。

家もあれぐらいで丁度いい。白色の蛍光灯で過ごしているなら、電球色に変えるだけでもずいぶん違う。

熱すぎないお湯に浸かる

寝る前には入浴することで副交感神経のスイッチが入る。シャワーだけじゃダメ。

42℃を超えると交感神経が活発になってしまうので40℃くらい、熱すぎず温すぎず、自分に心地いい温度の湯船に10分くらい浸かろう。

また、入浴後1時間ほどで体の中の体温が下がり始める。ちょうど手足が温かくなってくると体内の体温が下がっている証拠。

眠くなると手足が温かくなってくる。そのあたりで眠りにつくとスムーズに寝付ける。

パソコン・スマホは見ない

これが一番難しいかもしれない。

スマホの画面の光は交感神経を活発にするうえに、睡眠ホルモンのメラトニンはブルーライトで減少することが確認されている。

オナネタはスマホで動画の人が多いと思うが、それが疲労感の最大の原因かもしれない。

オナニー疲れが残る過ごし方

オナニー(交感神経↑)
シャワーのみ(交感神経↑)
布団でスマホ閲覧(交感神経↑)
寝付き悪い
翌日に疲労感
taichi

自律神経はずっと興奮しっぱなし

アルコールを飲みすぎない

睡眠の質を向上させるためには、アルコールも寝る3時間前までに終わりにしよう。

就寝前に飲んでしまうと、寝ている間にアルコールの血中濃度が急激に低下するため、覚醒作用が働く。

でも多少のアルコールはむしろ良いって聞くけど?

晩酌を「たまに」する程度なら、就寝前でもそれほど心配はいらない。適度なアルコールはノンレム睡眠を増やしてグッスリ感をもたらす。

ところが、毎日のように晩酌していると、お酒の催眠作用が弱くなってしまい、量を増やさないと眠れなくなってくる。

そうすると、催眠作用どころかノンレム睡眠が減ってしまって熟睡感もなくなってしまう。

睡眠中はテストステロンが回復する時間

テストステロンは男にとって1番大事な男性ホルモンで、精子を作ったり、筋肉を大きくしたり、いろいろな働きがある。

テストステロンの働き

ここで大切なのはテストステロンが気力・やる気の素となっていること。そして睡眠で回復することだ。

シカゴ大学の実験によると、睡眠時間が5時間の人は8時間の人に比べて10〜15%もテストステロン値が下がった。

テストステロンは1歳年をとると1%減少すると言われているので、15歳も老化したのと同じこと。

taichi

テストステロン的には、朝起きたら15歳も老化してるってこと

睡眠の質を改善すればテストステロン値も正常に戻るので、活力も戻ってくる。

オナニーによる疲労感は睡眠の質を上げて撃退しよう

オナニーした次の日に疲れを感じる原因は3つある。

  1. 賢者タイム
  2. 睡眠の質の低下
  3. 自律神経の疲労

オナニーで翌日に疲れを残さないためには睡眠の質を上げること。副交感神経を優位にしてあげてから眠りにつくことで睡眠の質が上がる。

副交感神経は急激に優位になることがないので、入眠の3時間前から、

  • 電気は暗めにする
  • 熱すぎない湯船に浸かる
  • パソコン・スマホは見ない
  • アルコールを飲まない

この4つを気をつけることで、副交感神経が優位になってリラックスモードになる。

つまり、オナニーは寝る3時間前までに終わらせられれば毎日してもOK。

3日に1回くらいの頻度でオナニーしている人なら、毎日リラックスモードで睡眠ができていれば、寝る直前にオナニーしても疲労感は残らない。

-オナニー

画像の右クリックは禁止しています